【地域CL】全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 決勝・市原ラウンド

こんにちは( 'ω')ノ けっちです。

東京には11月ながら降雪・うっすらと積雪もあり秋もほどほどに一気に冬になった印象がありますね。みなさま体調などいかがでしょうか?風邪などにはご自愛くださいね(´∀`)

自身は日程をうまく利用して「全国地域チャンピオンズリーグ(以下、地域CL)」の決勝ラウンドへ千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアム(以下、市原臨海)まで観に行ってまいりました(*゚▽゚*)

最寄りはJR内房線・小湊鉄道の「五井」という駅になります。

かつて市原臨海は、蘇我にある「フクダ電子アリーナ(蘇我スタジアム)」が出来るまではジェフユナイテッド市原(現在のジェフユナイテッド市原・千葉)のホームスタジアムでした。現在は立地や諸々不便ということでホームスタジアムからは残念ながら除外されています。

市原臨海へは最寄りの停留所にはなりますがバスも出ています。

五井駅西口の1番のりばから「姉ヶ崎駅西口 アピタ経由」にのって「吹上通り角」で下車すると近いそうです。自分は毎度ながら歩きました(^_^;) 駅から2.5~3km程度あります。

徒歩で言えば30~40分程度でしょうか。

また貸し自転車、レンタサイクルのお店もあるようです。

市原臨海までの道のりにはご覧のとおりジェフカラーの模様が電柱にあしらわれていました。

街頭のロゴ看板が時代を物語っていました。色あせた看板…少し寂しげだったかな。

五井大橋にかかる道路フェンス。

五井大橋から見る南房総の山々。東京からわずか2時間で旅気分です。

道中までにはコンビニなどもありますので、そちらで買い出しができました。

今大会では初日は平日金曜日でスタグルはありませんでした。

(2日目・最終3日目は土日だったためスタグル・露店が出店されていたようです)

裏から着いちゃった(笑)

平日にも関わらず熱心な方々がたくさんいました。

当日はTwitterのフォロワーさんのお誘いにより、ヴィアティン三重さんの応援にお邪魔することができました(´∀`)

遠く、三重から熱心なヴィアティン三重サポーターさんが市原臨海まで駆けつけていらっしゃいました。

弾幕も大きくてとても気合が入っていましたよ(*゚▽゚*)

正面から撮りたかったんですが、iPhoneの調子も悪くこの絵くらいになっちゃいました(^_^;)

ビッグフラッグもかっこいい(´∀`)

ヴィアティン三重サポーターさんからの差し入れ。「桑名名物 安永餅」。

今大会の決勝ラウンドの参加クラブは、以下の4クラブでした。

・ヴィアティン三重(全国社会人大会3位 地域CL 愛媛R首位)

・三菱自動車水島FC(全国社会人大会優勝 地域CL 富山R首位)

・鈴鹿アンリミテッドFC(全国社会人大会2位 地域CL 山梨R首位)

・FC今治(四国リーグ優勝 地域CL グループ2位最優秀(ワイルドカード))

戦評などは、他の方がやっているのでそこそこにしますが、各地域の猛者が集う大会ということもあり、非常に拮抗した優劣つけ難い90分が引き締まった試合でした。だらけた試合というのは一つもなかった印象があります。

それからサポーターさんたちが非常に熱心で相手を蔑むことなく試合後は色んな想いがあれど、清々しく終わることを大切にやっていることが、これまで以上に印象的でした。

「試合が終わればサッカーで苦楽を共にする仲間」そういうような場所なのかなと思いました。

確かに当事者になれば、3日間で3試合もやらなくちゃならない過酷な大会なので、さっさと勝ち上がりJFLに昇格したい。だからこそいつも以上に必死に試合に取り組む姿勢が観る者にとっては非常に心を打たれるというか、本当に観に来てよかったなと感じさせてくれます。


今回はヴィアティン三重さんに初日にお世話になりました。

そんなヴィアティン三重さんは初日に三菱自動車水島さんに後半終了間際に勝ち越しゴールを上げ、最終戦は同じ三重県のライバル、鈴鹿アンリミテッドFCさんに勝利し、JFL参入内定を決めることになりました。本当におめでとうございますヽ(´▽`)/

初日だけにはなりましたが勝利を見届けることができて本当に良かったですヽ(´▽`)/


もう1クラブの内定はFC今治さん。3戦全勝で文句なしの今大会優勝とJFL参入を内定させました。FC今治さん、おめでとうございますヽ(´▽`)/

これは今治のサポーターの方々が思いをかき寄せた折り紙を千羽鶴にしてエンブレムにした「エンブレム千羽鶴」。見事に悲願を成就させました!


3位は鈴鹿アンリミテッドFC、4位は三菱自動車水島FCとなりました。

惜しくも敗れて各々の地域リーグに残留という形にはなってしまいました。

ですが、本当に現状のJFLで戦えるくらいの見事な闘いとファイトを魅せてくれました。

具体的に言うと4クラブともにしっかりと組み立てて攻撃しており、縦ポンだけではないというところを見せました。特に今治・三重の両クラブはサイドからの崩しや相手との駆け引きが上手い選手がいて来季のJFLでの戦いが非常に興味があります。

ディフェンス面もFC今治のチーム全体の組織的な意識の統一が秀逸だったように思います。

来季の戦力など流動的な部分はありますが、このサッカーであればJFL中位くらいはいけるんじゃないかなとすら思うくらいの良い仕上がりでした。

個人的には

今治…9番 長尾選手 三重…13番 藤牧選手 鈴鹿…28番 小澤選手 はテクニックはあるなー、やはり上手いなと感じさせられました。藤牧選手・小澤選手はJの経験もある選手ですからね。さすがだと思います。長尾選手はマンツーマンになったときのかわし方が上手かった。来季とても注目してみたいなと思いました。

本当にみんなJFLに昇格させてあげたいくらいです…本当にお疲れ様でした。


また、当日はヴィアティン三重のサポーターの方々、会場でお会いした方には大変お世話になりました。

ヴィアティン三重さんのサポーター様にはご挨拶できたこともあり、2017年 JFLの関東アウェイにも是非お邪魔でなければ、また顔出したいななんて思っております。

本当にありがとうございました!来季JFLの舞台でお会い致しましょう\(^o^)/


本日も記事の最後までお読みいただきいつもありがとうございます。

ざっくり雑感になりましたがお楽しみいただけたら幸いです。

この日はちょっとスマホの不調で写真が少なめでごめんなさい…


また現地・競技場/スタジアムにて皆様とご挨拶出来るのを楽しみにしております(≧∇≦)

皆様のサッカーライフがより充実したものとなりますように(^O^)

けっち。