【JFL】1st-2 ブリオベッカ浦安 vs MIOびわこ滋賀

こんにちは(´∀`)ノ けっちです。

この日は色々観戦したい、候補になる楽しみな試合がありましたが、時間の関係もあり、千葉県柏市にあります、「柏の葉公園陸上競技場」に、「ブリオベッカ浦安 vs MIOびわこ滋賀」の試合にお邪魔してきましたヽ(´▽`)/

柏の葉公園方面に行くバス乗り場。

柏の葉にはいろいろな施設や商業施設がありますね(´∀`)

柏の葉公園内の白梅はきれいな花が咲いていました(´∀`)

当日は春の陽気で日向はとても暖かかったです^^

試合会場に到着。

今年のJFLのスローガン。「楽しむヤツが勝ち!」

会場内にはジャマイカキッチン オルハさんを含め、スタグルがしっかり出店していました(´∀`)

会場内に入場。浦安・滋賀両クラブの弾幕。

前節のリーグ開幕戦、リードしながらも後半終盤の追いつかれ、引き分けスタートとなったホーム・ブリオベッカ浦安さんと、対するはホーム東近江で2-0と快勝し白星発進をした、MIOびわこ滋賀さんの試合。

浦安さんは得点源である主力の流出がありましたが、補強もしました。対するMIO滋賀さんは中口監督2年目。継続したサッカーができるのか。他の方から聞いた前評判が良かったので一度見てみたいと思い、両チーム気になったので柏の葉にお邪魔しました(・∀・)

この日のお客さんの入りは、ちょっと少なめの418名でした。MIOびわこ滋賀さん…鼓笛隊がすごい…w そしてFLG(Fresh Lime Green)は、今日もピッカピカ(*゚∀`*)ノ☆。゚+.

(試合は2ndユニフォームの白でしたが)

選手入場&始球式。

そしてキックオフ!

前半は互角でした。浦安さんは昨年からの試合巧者ぶりは相変わらず継続しているという感じでした。サイドや最終ラインからスキがあればフィードを入れて裏を取りに行って…またはFWの9番田中選手をせらせてそこからチャンスを作っていくという、やり方がはっきりしていました。

対するMIOびわこ滋賀さんは中口監督の下で継続したサッカーを行いその2年目ということでつなぐサッカー、縦ポンなどではない持ち上がり繋ぎながら相手のアタッキングサード・ゴールへ迫るサッカーに徹しており、攻守の切り替えも早くてスキのない完成度の高い、組織化されたサッカーをしていました(´∀`)

ただお互いに言えるのは両者のやりたいことはとてもわかるのですが、シュートまでなかなか…ということ、浦安さんもチャンスはつくりかけるのですがシュートも枠内が少なく、またMIO滋賀サポーター様曰く「前半はもっさりしていた」ということで、前半は0-0で終了。

後半になると、ゲームが動きます。

後半6分にブリオベッカ浦安の選手がMIOびわこ滋賀、久保選手をペナルティエリアで倒してしまいPK。

そのPKを久保選手が左へ沈めて0-1。MIOびわこ滋賀さんがリードします。

こうなると浦安は攻めなければいけなくなりまして、押し込もうとするのですが、滋賀さんはしっかり守りから初めてロングボールなどを使い、コーナーキックやフリーキックで試合の主導権を握ります。しかしここはそうはさせじと浦安DF陣。MIO滋賀は攻めあぐね、なかなかゴールを割ることができません。

そうしている間に流れは徐々に浦安に。迎えた後半23分にドリブルでスルスルっと滋賀DFをドリブルで交わした6番 坂谷選手がペナルティエリアの少し手前から右足一閃!!

これがゴールに突き刺さり1-1。試合がわからなくなりました。

このあとは、しばらくブリオベッカ浦安さんが主導権を握ります。

後半44分、45+アディショナルタイム3分まで本当にボールを拾えるし波状攻撃はできるし、まさに浦安にとっては絶好の勝機、いい時間帯でありました。

ただここで痛いのが点取り屋がいない、チャンスはいっぱいあるけど決められず跳ね返される時間が続き、このまま1-1の引き分けかな…という雰囲気になります。


そうなってしまうと勝利の女神というのはそっぽを向くもの。本当に最後の最後のワンプレーでした。左からのクロスを前線の選手が落として、17番堀川選手が左隅に決めた!!!

実はMIOびわこ滋賀、中口監督が後半39分に、PKで先制点をあげた久保選手に替えての新加入、堀川選手の価千金のアディショナルタイム決勝弾!そしてそのまま試合終了!

素晴らしい采配と言っていいのではないでしょうか(*゚∀`*)ノ☆。゚+.

劇的も劇的で、歓喜に沸くMIOびわこ滋賀イレブン&スタッフと、うなだれるブリオベッカ浦安イレブン。

ブリオベッカ浦安 1-2(前半0-0)MIOびわこ滋賀。

MIOびわこ滋賀さんが接戦をモノにして、開幕から2連勝!

一方のブリオベッカ浦安さんはまたも終了15分、〆の15分を勝ちゲーム、勝ってもおかしくない試合を落としホームゲームで悔しい敗戦となりました。

ただし、ブリオベッカ浦安さんのゲーム内容に関しては決して悲観するものはなく昨年からの積み重ねは出来ているのかなと思いました。あとはフィニッシャーの部分でどう点数に結び付けていくのかのところが課題なのかなと思いました。チャンスはたくさんありましたし、今後勝っていって、上位が期待出来るかなと思います(・∀・)


対するMIOびわこ滋賀さんは個人の能力も含め、組織力が高く、選手の意思統一がはっきり取れているような狙って勝てた試合になったのではないかなと思います。浦安さんの対策もきっちり出来ていたように思いましたし、攻撃の時のスイッチの入り方、フィールドプレーヤーの持ち上がりの攻め、またその逆で守備も〆るとこはきっちり〆ることも出来ていたと思うので、4位以内も狙えるのかなと思いました。今後昨年の上位陣とのマッチアップが楽しみですね(´∀`)

MIOびわこ滋賀の選手の勝利のダンスの後、クールダウン。

ブリオベッカ浦安のチームスタッフ・ボランティア・サポーターの皆様、またアウェイのMIOびわこ滋賀のサポーターの皆様、全てのご挨拶させていただいた皆様、柏の葉の運営の皆様、ありがとうございました。

浦安さんとしては勝てそうな試合だっただけに、選手たちがプレーを怠ることなく全力でプレーで戦っていたのでホームゲームで是非とも勝ってシーズン勢いつけたかった試合でしたね。

MIOびわこ滋賀さんとしては価千金の決勝弾で接戦、1点差シーソーゲームを制し大きな勝ち点3を得ました。互いにナイスファイト!という締まった試合で見応えがありました。どうもありがとうございます(*゚∀`*)ノ☆。゚+.

本日も長文・駄文最後までお読み頂きありがとうございました。

またどこかのスタジアムにて皆様とお目にかかりご挨拶できますことを。

みなさまの素敵なフットボールライフがより良いものになりますように。

けっち。